サイズ直し( 20年ぶりの再会) / 川崎にあるジュエリー工房、ジュエリークボタです。

サイズ直し( 20年ぶりの再会)ブログ

2018年12月11日

指輪のサイズ直しで、ご来店のお客様です。

プラチナリングのサイズが合わないので、リング叩いて伸ばしてほしい~

との事でした。

私は、お客様に指輪を叩いてもサイズは伸びるどころか

デザインが潰れてリングが台無しに成りますよと言って

お客様の指輪をお預かりすると・・・

何と、私が20年程前に手作りした結婚指輪でした。

 

お客様の顔は忘れていましたが、作った指輪は覚えていましたよ~。

 

サイズ直しをしてみましよう。

 

糸鋸を使ってリング切れ目を入れます。

 

プラチナの地金を角棒に加工します。

 

希望のサイズに成るように角棒を挟みます。

 

酸素ガスバーナーで角棒の部分を溶接します。

 

ヤスリを使って綺麗に整えて全体を仕上げます。

 

20年ぶりに、元の仕上がりに蘇ったので、お客様に

お渡しするときの反応が楽しみですね~

 

 

このページのトップに戻る